タイ赤十字社にてタイ国日本人会寄贈の献血車の贈呈式を行いました 3月28日(水)


タイ国日本人会(所在地:タイ王国バンコク、会長:島田厚)は、3月28日(水)、タイ赤十字社にて先月20日(火)に行われました献血車の納車式に続き、鍵の贈呈式をシリントン王女殿下立ち会いのもと、行いました。

タイ国日本人会は、昨年、日タイ修好130周年の記念事業として、タイ国内の生活面、健康面等、社会生活継続において困っている方々のお役に立ち、広くタイ社会に繋がりがもてる支援をと検討した結果、チャリティー基金創設以来、過去最高額となる800万バーツ相当の献血車の寄贈を決定しました。

贈呈式は、タイ赤十字社のNational Blood Center(国立献血センター)にて、タイ赤十字社のエグゼクティブ・バイスプレジデントでもありますシリントン王女殿下(H.R.H. Princess Maha Chakri Sirindhorn)、タイ赤十字社事務局長のペーン・ワンナメティ氏 (Mr. Phan Wannamethee) 国立献血センターディレクターのウボンウォン・チャルーンルアンギット氏(Cdr. Ubonwon Charoonruangrit)、タイ国日本人会の島田厚会長、森本斉副会長、三枝則生副会長、鱸正明理事が出席しました。

タイ国日本人会では、これからもタイ社会と長きに渡って友好関係を継続し、タイ社会への感謝の気持ちを込めて、社会貢献活動を展開していきます。

(写真提供:タイ赤十字社 Photo Credit: Thai Red Cross Society)

↑【写真1】中央シリントン王女殿下を囲み、左から鱸理事(タイ国日本人会)、ウボンウォン・チャルーンルアンギット氏(タイ赤十字社 国立献血センターディレクター)、ペーン・ワンナメティ氏(タイ赤十字社 事務局長)、島田会長(タイ国日本人会)、三枝副会長(タイ国日本人会)、森本副会長(タイ国日本人会)

(写真提供:タイ赤十字社 Photo Credit: Thai Red Cross Society)

↑【写真2】シリントン王女殿下へ島田会長(タイ国日本人会)より献血車の鍵の贈呈

(写真提供:タイ赤十字社 Photo Credit: Thai Red Cross Society)