【賛助会員様からのお知らせ】日本人のための異文化理解と適応トレーニング公開講座 『タイ人の価値観理解とマネジメント』9月13日(金)


サイコム・ブレインズUBCL 
「違い」を超えて結果をだす!異文化マネジメントのグローバルスタンダード。

異文化に対する柔軟性とタフネスを身につける!タイ人の価値観理解とマネジメント

本講座は、多くの日本人赴任者が直面することになる「タイのビジネスパーソンとのコミュニケーションの難しさとその対処法」を、異文化・組織文化研究の世界的権威であるオランダの社会組織人類学者、ヘールト・ホフステード教授がIBMの社員(72か国・11万6千人)を対象に行った調査、およびその後の長年の研究・理論をベースに、わかりやすく解説します。

以下のような課題をお持ちの方に適した講座です。

  • 海外赴任者
    • 赴任後、現地の社員や取引先と円滑なコミュニケーションがとれず本来の能力を発揮できない
  • 海外拠点の日本人マネジャー
    • 現地人社員のマネジメントが上手くいかず、ストレスを抱えている
    • 不用意な言動により、スタッフとの間に溝が出来ている

担当講師は、日系大手鉄鋼メーカー勤務時代に駐在員としてタイ企業との合弁会社で共同プロジェクトを担当したタイ人とのビジネス経験を豊富に持つ伊東豊泰氏です。2012年の独立後は在タイ日系企業に対する経営コンサルティングや組織マネジメントに関するアドバイザーを勤め、近年は異文化マネジメント研修や日系企業のタイ人社員向けのコーチングといった人材育成の分野でも活躍している同講師が、自身の経験と豊富な事例紹介および演習を通じて、ビジネス現場で使える「活きた知識」を、異文化を読み解くフレームワークとして知られる「ホフステードの6次元モデル」を絡めて効果的に伝授します。

タイでこの理論を学べるのは、ラインセンスを有する本講座のみとなります。ぜひ、この機会に、実務で役立つ、本物のトレーニング・プログラムにご参加・派遣をご検討ください。

●参加対象者:
・タイ人とビジネスをしている日本人赴任者
・人事・人材開発部門の方
・異文化間のコミュニケーションに関心のある方

  • 日程:2019年9月13日(金)
  • 時間:9:30-17:00
  • 会場:バンコク市内(詳細は参加者に直接ご案内いたします)
  • 定員:20名 (最少催行人数に満たない場合、開催を中止する可能性がございます)
  • 費用:6,500bath (アセスメント受診料・昼食込、税別)
  • 受付締め切り:開催日の2週間前
  • ※本講座は日本語で行います。

お申込み:https://www.cicombrains.com/CB-UBCL/openlecture/20150909.html
上記URLよりオンライン申し込みを行ってください。