事業部

ラーチャブラナ寺(ワットリヤップ)にある「日本人納骨堂」の保守・管理を行っています。
日本人会では、毎年2回春と秋のお彼岸に法要を行っています。
また、春の彼岸前後の日曜日には、第2次世界大戦中、日本軍によって建設された泰緬鉄道の犠牲者 (外国人俘虜と近隣諸国の労務者)の霊を慰めるために、日本軍鉄道隊によって建てられたカンチャ ナブリの慰霊塔の法事を執り行っています。
<日本人納骨堂>
日本人納骨堂は、まだ日本人会発足以前の1910年頃より、 日本人有志によりバンコクに日本人の墓地を造る、という目標で 資金が積み立てられたのがはじまりです。
1913年の日本人会発足以降、日本人会が資金の管理を引き継ぎ 1935年にトンブリ地区のワットリヤップに納骨堂が完成しました。 日本人納骨堂には明治28年から現在までの間にタイ国で亡くなら れた571柱余りの霊が安置されています。
日本人会会員は、どの宗教でも納骨できます。
堂守には高野山真言宗 より管理僧を派遣して頂き、当地で亡くなられた方々のご葬儀での ご供養や、個人のご命日の法事を行っています。
高野山HP http://www.koyasan.or.jp/
DSC_4348
NokotsuDoMap0926final
<カンチャナブリ慰霊塔>
カンチャナブリの慰霊塔は、戦時中泰緬鉄道建設に従事して亡くなわれた外国の方々の慰霊のために 日本軍が建設したものです。現在はタイ国日本人会が管理しています。 春のお彼岸前後の日曜日に会員有志の参加で毎年法要を行っています。
IMG_0427
IMG_0346
<ケンコイ寺慰霊祭>
明治時代に最初の移民として渡タイされ、コーラート鉄道に労務者として、サラブリー、ケンコイ方面で 働いていた人達が全員マラリアなどにおかされ、亡くなられました。
それら18名の先輩方は日本人納骨堂 にも無名の御霊として長く祀られております。
日本人会では1966年にケンコイ寺境内に第一回移民ノ碑を設立し、毎年4月2日にケンコイ寺に出向き法要を執り 行っております。今年は2017年4月2日(日)を予定しております。
 IMG_0598